tamuraです。

Linux(Ubuntu14.04LTS)にAndroid Studio 2.1をインストールして、HelloWorldプロジェクトを作るまでの記録です。


1. ダウンロードとインストール

https://developer.android.com/studio/index.html

へ行きます。

DOWNLOAD ANDROID STUDIO 2.1 をクリックします。
 

01_download


I have read and agree with the above terms and conditions
にチェックを入れるとリンクが活性化するので、 すかさずアドレスをコピーしてwgetで取得します。
 

02_download

wget https://dl.google.com/dl/android/studio/ide-zips/2.1.2.0/android-studio-ide-143.2915827-linux.zip

で、適当なディレクトリで展開

unzip ../tmp/android-studio-ide-143.2915827-linux.zip

android-studio というディレクトリができ、その中に展開されます。

2. セットアップ

cd android-studio/bin
./studio.sh

以前の環境を引き継ぐか聞かれるので、どちらでもいいです。
 

03_install


Welcome Android Studio

ということでnext
 

04_setup


カスタムを選択するほどよく知っていないのでStandardを選択しました。 そしてnext
 

05_setup


Verify中
next押すしか無い
 

06_setup


エミュレータの設定です KVMがあるのでエミュレータが爆速になるよ!とのことですが、とりえあえずFinishを押します。
 

07_setup


インストールが始まりました。
 

08_setup_downloading


しばらく待つと終わります。
 

09_setup_download_complete

3. Android Studioの起動

3.1. プロジェクト情報の設定

右上に邪魔なものが出ていますが気にせず、

Start a new Android Studio project

を選択します。
 

10_androidstudio


プロジェクト情報を入れていきます。 Company Domainですが、パッケージ名ではありませんので注意。 パッケージ名にcom.github.tamurashingoを使いたい場合は、tamurashingo.github.comを入れなくてはいけません。(下にパッケージ名が出てますね)
 

11_project_setup

3.2. ターゲットのAndroidデバイスの設定

携帯電話・タブレットの他にいろいろあります。 ここでは携帯電話・タブレットを選択します。

Minimum SDKは使いたいAPIに応じて決定すればいいと思います。

ここでは家にあるAndroidの一番バージョンが低いものに合わせてます。
 

12_project_setup

3.3. Activityの設定

Activityを自動生成して追加するかどうかです。 今回はHelloWorldプロジェクトなので空のActivityを追加します。

他にもいろいろなActivityがあるので、初めて作るときには画面構成など参考になります。
 

13_project_setup



追加したActivityの情報を入れていきます。
 

14_project_setup



すべて完了するとプロジェクトの生成が走ります。
 

15_project_initializing

4. エミュレータ

4.1. AVD Managerの起動

プロジェクトを開くとこんな感じの画面になります。
 

16_project_source



画面上のアイコンを押してAVD Manager(Android Virtual Device Manager)を起動します。
 

17_avd_manager


4.2. Virtual Deviceの作成

AVD Managerが起動するとこんな画面になります。 Create Virtual Deviceを押して、デバイスを作っていきます。
 

18_avd_manager


4.2.1. ハードウェアの選択

適当なハードウェアを選択します。 PC上で動かすのでのサイズをモニタに合わせたほうがよいので、480x800のデバイスを選択しました。
 

19_avd_manager_select_hardware

4.2.2. イメージの選択

常用しているAndroidが5なのでLolipopを選択します(Downloadのリンクを押します)。 ここではRecommendedタブから選びましたが、x86 Imagesなどを選択すると他にもいろいろなバージョンを選択することができます。
 

20_avd_manager_select_image


まずダウンロードが始まります。 ライセンス条項をよく読んでAcceptを選択しましょう。
 

21_avd_manager_download_image


ダウンロードが完了するとNextが押せるようになるので、Nextを押します。
 

22_avd_manager_next

4.2.3. 各種設定

各種設定の確認を行います。 AVD Nameは初期状態だと登録できないので、適当な名前にしておきます。
 

23_avd_manager_name


保存中...
 

24_avd_manager_saving


できました。
 

25_avd_select

4.3. エミュレータの起動

画面上部の緑の三角形を押すと、ビルドが走りエミュレータ上での実行となります。
 

26_app_start



実行するデバイスを選択します。 先ほど作ったエミュレータ上のデバイスを選択します。
 

27_app_select_target



エミュレータ起動中です。
 

28_app_starting



やりました!起動しました!
 

29_app_started



ここでロックを外すとアプリが実行されます。
 

30_app

まとめ

画面の指示に従えばOK。 非常に簡単でした。

(キャプチャが大変でした...)