tamuraです。

仲間内で何か作るときのために、GitBucketを使えるようにしておこうと思い、CentOS7にGitBucketを入れてみました。


OpenJDKのインストール

yumであっさり入れてしまいます。

yum install java-1.8.0-openjdk

確認

java -version
openjdk version "1.8.0_101"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_101-b13)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.101-b13, mixed mode)

Tomcatのインストール

Tomcatをダウンロードして展開します。

cd /usr/local/
wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/tomcat/tomcat-8/v8.5.4/bin/apache-tomcat-8.5.4.tar.gz
tar xvzf apache-tomcat-8.5.4.tar.gz

所有ユーザをtomcatにしたいので、tomcatユーザを作成します。

useradd -s /sbin/nologin tomcat

所有者の変更を行います。

chown -R tomcat:tomcat apache-tomcat-8.5.4

Tomcatの設定

とくに何もしなくて大丈夫です。

Tomcatの起動

/usr/local/apache-tomcat-8.5.4/bin/startup.sh
Using CATALINA_BASE:   /usr/local/apache-tomcat-8.5.4
Using CATALINA_HOME:   /usr/local/apache-tomcat-8.5.4
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/apache-tomcat-8.5.4/temp
Using JRE_HOME:        /
Using CLASSPATH:       /usr/local/apache-tomcat-8.5.4/bin/bootstrap.jar:/usr/local/apache-tomcat-8.5.4/bin/tomcat-juli.jar
Tomcat started.

起動したらcurlで確認します。

curl http://localhost:8080/

何かしらの反応があればOKです。

GitBucketのデプロイ

リリースページを見て、4.2.0を落としてきます。
4.2.1はアップグレード用です。まっさらな状態から入れるのであれば、4.2.0です。
(起動時にテーブルがない、とい例外が発生して落ちます) 

cd /usr/local/apache-tomcat-8.5.4/webapps/
wget https://github.com/gitbucket/gitbucket/releases/download/4.2/gitbucket.war

落とし終わるとTomcatが勝手にWARファイルを展開してくれます。 ただし、所有者がrootになっているので、ここでも所有者を変更しておきます。

chown tomcat:tomcat gitbucket.war
chown -R tomcat:tomcat gitbucket

GitBucketへアクセス

http://localhost:8080/gitbucket

でGitBucketにアクセスできます。

Apacheとの連携

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

末尾に以下の行を追加します

ProxyPass /gitbucket ajp://localhost:8009/gitbucket
ProxyPassReverse /gitbucket ajp://localhost:8009/gitbucket

これで、 http://localhost/gitbucket でGitBucketにアクセスできるようになります。