tamuraです。
Spring Frameworkを使ったことがありませんが、始め方について簡単にまとめてみました。
使用するバージョンは4系です。


目標

Serving Web Content with Spring MVC
ここの内容をやっていきます。 Gradleをちゃんと使ったことがないので、ちゃんと使ったことのあるMavenでやっていきます。

JDKインストール

Java8をインストールします。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
ここからJava SE 8uxxを落としてインストールします。

Windows

set JAVA_HOME=<インストールディレクトリ>  
set PATH=%JAVA_HOME%\\bin;%PATH%  

Mac/Unix(sh系)

export JAVA_HOME=<インストールディレクトリ>  
export PATH=${JAVA_HOME}/bin:$PATH  

Mavenインストール

http://maven.apache.org/download.cgi
ここからMavenを落とします。3以上であればどれでも大丈夫です。 適当なディレクトリに展開して、こちらもパスの設定を行います。

Windows

set M2_HOME=<展開先ディレクトリ>  
set PATH=%M2_HOME%\\bin;%PATH%  

Mac/Unix(sh系)

export M2_HOME=<展開先ディレクトリ>
export PATH=${M2_HOME}/bin:$PATH

プロジェクトの作成

プロジェクトディレクトリを作成してそこにpom.xmlを置きます。

mkdir spring_sample
cd sprint_sample
vi pom.xml
<?xml version=\"1.0\" encoding=\"UTF-8\"?>
<project xmlns=\"http://maven.apache.org/POM/4.0.0\"
         xmlns:xsi=\"http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance\"
         xsi:schemaLocation=\"http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd\">
  <modelVersion>4.0.0</modelVersion>
  <groupId>org.springframework</groupId>
  <artifactId>gs-serving-web-content</artifactId>
  <version>0.1.0</version>

  <parent>
    <groupId>org.springframework.boot</groupId>
    <artifactId>spring-boot-starter-parent</artifactId>
    <version>1.2.1.RELEASE</version>
  </parent>

  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>org.springframework.boot</groupId>
      <artifactId>spring-boot-starter-thymeleaf</artifactId>
    </dependency>
  </dependencies>


  <build>
    <plugins>
      <plugin>
        <groupId>org.springframework.boot</groupId>
        <artifactId>spring-boot-maven-plugin</artifactId>
      </plugin>
    </plugins>
  </build>

  <repositories>
    <repository>
      <id>spring-milestone</id>
      <url>https://repo.spring.io/libs-release</url>
    </repository>
  </repositories>

  <pluginRepositories>
    <pluginRepository>
      <id>spring-milestone</id>
      <url>https://repo.spring.io/libs-release</url>
    </pluginRepository>
  </pluginRepositories>
</project>

コントローラの作成

SpringではHTTPリクエストはコントローラが受け付けます。
@Controllerアノテーションを付与すれば簡単に作成できます。 これから作成するGreetingControllerでは/greetingにGETリクエストがあった際に、 greetingというビューの名前を返します。

ビューはHTMLを生成する役割を持ちます。

src/main/java/hello/GreetingController.java

package hello;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestParam;

@Controller
public class GreetingController {

    @RequestMapping(\"/greeting\")
    public String greeting(@RequestParam(value=\"name\", required=false, defaultValue=\"World\") String name, Model model) {
        model.addAttribute(\"name\", name);
        return \"greeting\";
    }
}

アノテーション

  • @RequestMapping
    • /greetingへのリクエストとgreeting()メソッドを紐付ける


  • @RequestParam
    • nameパラメタの値をを引数nameにセットする
    • nameパラメタは必須ではない (required=false)
    • デフォルト値はWorld (defaultValue=\"World\")

実装

  • Modelオブジェクトに\"name\"というキーワードでnameを登録する。
  • ビューの名前を\"greeting\"で返す。

ビューの作成

つづいてビューを作ります。 今回はThymeleafを使ってサーバ側でレンダリングしたHTMLをブラウザへ返します。

vi src/main/resources/templates/greeting.html

<!doctype html>
<html xmlns:th=\"http://www.thymeleaf.org\">
  <head>
    <title>Greeting Started: Serving Web Content</title>
    <meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=UTF-8\" />
  </head>
  <body>
    <p th:text=\"'Hello, ' + ${name} + '!'\" />
  </body>
</html>

実行可能にする

WARファイルを生成してTomcat等にデプロイすれば動くのですが、ここでは実行可能なJarファイルを作ってみます。

src/main/java/hello/Application.java

package hello;

import org.springframework.boot.autoconfigure.EnableAutoConfiguration;
import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.context.annotation.ComponentScan;

@ComponentScan
@EnableAutoConfiguration
public class Application {

    public static void main(String...args) {
        SpringApplication.run(Application.class, args);
    }
}

アノテーション

  • @ComponentScan
    • helloパッケージとその子パッケージを調べ、@ComponentアノテーションがついたクラスをSpringに伝える
    • @ControllerがついているGreetingControllerが対象
    • @Controller@Componentの一種


  • @EnableAutoConfiguration
    • ベースにあわせた振る舞いを行う
    • web.xmlを使った設定は不要

実行

mvn spring-boot:run

で実行します。ブラウザを開いて http://localhost:8080/greeting にアクセスします。